logo  
 
 
 

 

美容整形の成功と失敗

個人差がある美容整形

美容整形・美容外科の施術を受ける以上、頭に置いておかねばならないのが「失敗の可能性」。考えたくもないことですが、冷静に施術を受けるためにも無視してはいけません。
「美容整形の失敗」とされるものには2通りあります。まず「医療ミス」、これは本当の失敗です。もう一つは医師と患者の「認識の違い」です。この場合は、事前にお互いがきちんと話し合っておけば避けられるものですね。美容整形の施術を受ける前に頭に置いておかねばならないのは、人間の体には個人差があるということ。誰かが美容整形を受けて素晴らしい結果が出たからと言って同様の結果が別の人に出るわけではないということです。たとえば、「○○○という芸能人に似せてほしい」と希望しても、完全に同じ顔になるわけではありませんよね。美容整形を受ける前に、この事実をまず踏まえておきたいものですね。

医療ミス

美容整形の明らかな失敗とは「医療ミス」のことです。まず、施術自体の技術的ミスが挙げられます。例えば、本来予定されていた施術の及ぶ範囲でない部分を傷つけてしまうとか、施術で予定されていた範囲であっても技術的ミスにより傷つけてしまったりすれば、「失敗」と考えることができます。また、施術後に予期しない後遺症などが生じた場合も医療ミスと判断される場合が多いようですが、その原因として意外と多いのが、患者の側が既往症などの十分な説明をしていなかったというケースなのです。このような危険を避け、自分の身体を守るという意味でも、カウンセリング時などに患者の側が必要な情報を医師に全て提供しておくと安心です。



認識の相違

医療側のミスは生じていないのに患者の側が「ミスだ」と考えてしまうケースもあります。これは施術前のコミュニケーションが実はうまくいっておらず、医師と患者の施術後のイメージが違っていたことから来る場合が多いようです。患者としては「こんなはずじゃなかったのに・・・」と感じると、「医療ミス」だと思ってしまうことが多いようです。このようなケースを起こさないためにも、施術前のコミュニケーションをしっかりとる努力をしましょう。